「桜を見る会」めぐり国会欠席 野党 審議に復帰、追及継続

カテゴリ:国内

「桜を見る会」をめぐり、立憲民主党などの野党は、安倍首相の推薦枠について説明が不十分だとして国会を欠席していたが、政府から一定の回答が得られたとして、その後、審議に復帰した。

この問題で野党は、マルチ商法を展開して破綻した「ジャパンライフ」の元会長の招待状につけられた「60」という区分番号が、いわゆる首相枠だったのか確認を求めていた。

これに対し、政府は「文書を破棄していてわからない」などと同じ回答を繰り返したため、29日朝から日本維新の会を除く野党が国会を欠席していた。

その後、与野党の国対委員長が断続的に協議を続けた結果、野党側は、政府から「一応の答えを得た」として、国会は正常化した。

立憲民主党・枝野代表「マルチ商法で行政処分や家宅捜索など受けられている方が、桜を見る会に招かれていたことが明確になった」

一方、菅官房長官は会見で、招待状の区分番号について、「会の終了をもって使用目的を終えることから、現時点で情報は保有していない」と述べたが、野党は、週明け以降も国会で追及を続ける方針。