「ながら運転」で一発免停も 12月1日から反則金3倍に

カテゴリ:国内

ついついやってしまう人も多い「ながら運転」。

運転中もスマホの画面から目を離さないドライバーや、車が止まる前にスマートフォンを触り、車が動いても操作しているドライバーも。

「ながら運転」の経験について、街の人は「電話をしなきゃいけないと思ってたら、向こうからかかってきて出ちゃった」、「子どもがいるから、音楽を探す時に」などと話した。

一般のドライバーだけではない。

タクシーの運転手は、なんとゲームに熱中。

この10年で、倍近くに増えてしまった「ながら運転」。

いよいよ、12月1日から始まるのが、その厳罰化。

どう厳しくなるのか。

運転中に携帯電話を手に持って通話や操作をしたり、画面を見続けた場合の違反点数は、1点から3点に。

反則金も、普通車の場合で6,000円から1万8,000円と、3倍に引き上げられる。

それだけではない。

「ながら運転」で事故を起こすと、人を傷つけなくても、違反点数6で免許停止処分。

つまり、一発免停に。

さらに、懲役や罰金の刑罰が科されることもある。

「ながら運転」については、街の人から、「信号のところで待っていて、スマホをされてる方がいて、車の中で。渡ろうとしたら前に出てきて、衝突寸前みたいなことはありました」といった話も聞かれた。

「ながら運転」の危険性について、検証した映像がある。

前を見ていれば、道路にボールが飛んできても瞬時に反応できるはずが、スマホをいじりながら運転すると、全く気づかずボールをはねてしまった。

もし、これが子どもだったら...。

さらに、違反の対象ではないが、ハンズフリーで通話した場合はどうだろうか。

会話に気を取られ、ブレーキを踏むタイミングが遅れてしまった。

さらに、街で話を聞くと「信号で止まっている時は触ってもいいのか」、「グーグルマップを目の前に置いて(運転)したりするので。ダメなのかな?」といった声も。

「ながら運転になる?」、「ならない?」の気になる線引き。

カーナビは、基本的に見てOKだという。

ただし、この秒数以上続けて見るとアウトという目安があるという。

一般的な法解釈の目安では、運転中にカーナビを2秒以上続けて見てしまうとアウトとされている。

最近は、スマートフォンをナビ代わりにしている人も多いと思うが、たとえ置いてあるスマホでも、2秒以上続けて見てしまうと違反になる可能性があるという。

続いて、運転中にスマホを使うのは当然アウトになるわけだが、赤信号で停車中の場合はどうなるのか。

正解は「セーフ」だという。

ただし、青信号に気づくのが遅れて、後ろの車にクラクションを鳴らされてしまったり、それがもとでトラブルになったケースもあることから、緊急の時以外は避けた方がよいとなっている。