北朝鮮ミサイルは「超大型ロケット砲」 河野防衛相「固定燃料推進方式の新型」

カテゴリ:ワールド

北朝鮮メディアは29日朝、「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が超大型多連装ロケット砲の発射実験を視察した」と報じた。

北朝鮮の29日付の労働新聞は、移動式の発射台から打ち上がるミサイルと笑顔の金委員長の写真を掲載し、「金委員長が、超大型多連装ロケット砲の発射実験を視察した」と報じた。

これは、28日、東部から日本海に向けて発射された2発の弾道ミサイルを指すとみられる。

そのうえで、「兵器システムの軍事・技術的優位性と信頼性が保証されることを実証した」と伝え、金委員長は結果に「大満足の意」を表明したという。

河野防衛相は、ミサイルの種類について、固体燃料推進方式の新型だったと指摘し、「脅威は上がっている」との認識を示した。