「試合が始まっちゃう!」フード行列のイライラを解消するスポーツ観戦革命

  • 千葉ジェッツの試合で専用アプリから飲食を注文・決済
  • 試合会場のどこからでも注文は可能で5分以内に受け取り
  • ハーフタイムに集中するフード行列の待ち時間を解消へ

ハーフタイムでのフード行列のイライラを解消

次々とイノベーティブな取り組みを行い、スポーツビジネス界で注目を集める男子プロバスケットボールのトップリーグ「Bリーグ」。 
  
ここで今、スポーツ観戦で誰もがソワソワする「ある問題」を解決する取り組みが行われていた。

この日も5000人以上が集まったBリーグの強豪、千葉ジェッツの試合。  

ハーフタイムになると、飲食を販売する “フードエリア”には、一斉にファンが集まり大行列ができた。

ハーフタイム中の “フードエリア”の行列

――後半の試合が始まりそうだが 大丈夫?  
 
女性客
いや 気になります
  
――でも並んでいるのは?

女性客
お腹がすいたから…

試合開始後もフードエリアに並び続ける客

――試合に遅れたことは?  
 
女性客
あります あります。ちょっと心がすさみました

試合が始まっても行列…罵声とクレームの嵐

どのスポーツ観戦にも共通する試合前やハーフタイムだけフードエリアにファンが集中してしまう現象。 
  
試合映像を流すモニターを店舗脇に設置するなど、これまでにも行列の人たちがストレスのないよう対策してきたが…

店舗脇に設置された試合映像を流すモニター

千葉ジェッツ・島田慎二社長:
ここに見に来てるのにモニターで見るために来たわけじゃない、 みたいな、結構炎上でしたね。ネット上でも炎上、ここにいても罵声とクレームの嵐だった…

千葉ジェッツ・島田慎二社長

日本初「座席から注文…行列ゼロで受け取り」

こうした中、千葉ジェッツは“日本初”…というサービスを開始した。

女性がスマートフォン上でメニューを選択し、フライドポテトを注文すると…発注ボタンを押してわずか5分以内には、商品が用意され受け取ることができた。

専用アプリ “プットメニュー”

 “プットメニュー”と呼ばれる専用のアプリを使うことで、観客席や会場内のどこからでも注文と決済が可能になり、料理ができるとスマホ上に通知されるため、カウンターに取りに行くだけで並ばずに済むのだ。

「準備できました」通知が来たらカウンターへ

注文して5分以内に受け取り

利用者は…
「長い時は20分ぐらい並んだこともあるので、全然並ばずに受け取れて楽でした」  
 「並ぶの無理だし、前まではイライラして二度と買わないと思っていたんですけど」

座席から注文

毎試合、ほぼ満員を記録するクラブが挑んだスポーツ観戦における“飲食”の新たな形。 
その狙いについて、千葉ジェッツ・島田慎二社長は…

千葉ジェッツ・島田慎二社長:

総合的にお客様が満足されるレベルを極限まで上げていくことが、このスポーツの世界のビジネスで弱かったところだと思うので、一般ビジネスと同じようにお客様がいかに喜ぶかを追求していくことが結果的に差別化になると思う。いかに価値を上げていくか、それを対価として頂戴してでも、やり切っていけるかを追求すればするほど妥協せず、全てをやり切りたい

(「プライムニュース α」2月21日放送分)

プライムニュース αの他の記事