「香港人権法」中国が反発 米中貿易協議に影響か

カテゴリ:ワールド

アメリカのトランプ大統領が、香港のデモ隊を後押しする法案に署名したことを受け、中国が強く反発した。

中国外務省「米中関係と両国の重要な分野での協力に影響を与えないよう、アメリカにこの法律を施行しないよう強く促す」

中国外務省は夕方開いた会見で、トランプ大統領が署名した「香港人権・民主主義法案」を内政干渉だと強く非難し、経済分野などでの報復を示唆した。

27日に成立したこの法律は、香港の「一国二制度」が機能しているかをアメリカ政府が毎年検証するよう定めるもので、人権侵害に関わった人物に制裁を科すことも可能になる。

中国の激しい反発により、第1段階の合意が近いともされていた米中の貿易協議の行方は不透明となっている。