6年前誕生「西之島」 最新映像 拡大を続け新たな命を育む

カテゴリ:国内

黒いゴツゴツした壁は、溶岩が冷えて固まったもの。

その奥には、高くそびえる火口が見える。

6年前、日本に新たに誕生した「西之島」。

28日、この絶海の孤島の最新映像が届いた。

その中には、海鳥の卵も映っている。

島では、命のリレーが始まっていた。

東京の南、およそ1,000kmの海。

2013年、海底火山が噴火。

ここにもともとあった島をのみ込み、その後も拡大を続ける西之島。

28日に公開されたのは、国土地理院の測量チームが10月5日から上陸した際の最新映像。

島に上陸すると、聞こえてきたのは、海鳥の鳴き声。

白い円のような巣にいるのは、アオツラカツオドリ。

アオツラカツオドリが動いた際にちらりと見えたのは、卵。

生まれたばかりの赤ちゃん島で、新たな命が誕生していた。

西之島では、2018年7月に噴火が確認されて以来、火山活動は低下している。

2019年5月の時点で、もともとあった島のおよそ1,000倍、東京ドームのおよそ60倍の面積となった。

島に上陸した国土地理院の測量メンバーは「(以前に比べ、西の)浜の部分が広がっているというのはあった」、「(鳥に)かなり怒られましたので、彼らの邪魔をしないように、避けながら、気をつけながら、作業に入らせてもらいました」と述べた。

今回の調査では、噴火で埋もれた測量の基準となる一等三角点の再設置が行われた。

拡大を続ける西之島の正確な姿が、今後、明らかとなる。