韓国の決断 日本政府の評価は GSOMIA破棄撤回

カテゴリ:国内

韓国政府が発表した軍事情報包括保護協定「GSOMIA」の破棄撤回。

日本政府は、どのような評価をしているのか。

政府は、GSOMIA破棄撤回の判断を「評価している」というよりは、「当然のこと」と冷めた受け止めをしている。

ある政府関係者は、「一言で言えば、韓国が孤立を望まなかったということ」と指摘している。

日本との関係悪化だけではなく、南北関係も進展しない中で、アメリカの怒りを買って、外交的に孤立するわけにはいかなかったと思われる。

また、別の政府関係者は「勝手に興奮してハードルを上げて自爆した。文在寅(ムン・ジェイン)の外交下手が露呈した」と指摘している。

日本政府は、どのような働きかけを行ってきたのだろうか。

ある政府高官は、「GSOMIAと輸出管理の問題を交渉材料にした」と述べ、韓国側が振り上げた拳を下ろせるように、お膳立てをしたことを明らかにしている。

ただ、政府内からは、「元徴用工問題の解決がなければ、1年後、また同じことが繰り返される」と懸念する声も聞かれる。