GSOMIA「最後の瞬間まで努力する」 韓国・文在寅大統領

カテゴリ:ワールド

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、11月23日に失効が迫る日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、延長に向け「最後の瞬間まで日本と努力する」と述べた。

文大統領は、韓国MBCの番組に生出演し、日韓で軍事機密を共有するための協定(GSOMIA)について、「GSOMIA終了問題は日本が原因を提供したのだ」、「最後の瞬間までGSOMIA終了という事態を避けることができるなら、日本とともに努力していく」と述べた。

その一方で、日本が韓国への輸出管理を見直したことについて、「韓国を安保上、信頼できないと言いながら、軍事情報は共有しようとするのは矛盾する態度ではないか」と批判した。

さらに、輸出管理見直しを撤回すれば、協定を延長できるとする、従来の立場を繰り返した。

また、「GSOMIAが終了しても、われわれは日本と安保上の協力を続ける」と強調した。

韓国の最新の世論調査では、GSOMIAについて「終了するべき」と答えた人が55%にのぼっている。

文政権はこうした世論を背景に譲歩しない構えで、協定は23日に失効する公算が高まっている。