氷川きよし「本来の自分」「ジェンダー超え」 SEXY & ROCKな20周年

カテゴリ:芸能スポーツ

2019年、デビュー20周年を迎えた氷川きよしさん(42)が、新曲「大丈夫/最上の船頭」のイベントで熱唱。

その姿は、全身レザーにヒールの高いロングブーツ、指にはネイルまで。

演歌歌手のイメージからは、かけ離れている。

氷川さん「新生・氷川きよしです! ありがとうございます。本来の自分に戻りました!」

今が本来の姿として、“新生”氷川きよし宣言。

長年親しまれた「きよし」の愛称も...。

氷川さん「新生・氷川きよしな感じで。“きー”です。」

司会「“きーちゃん”、すてきです。」

「脱・演歌歌手」を掲げ、今後は、「氷川きよしにしか歌えない歌を歌う」とした。

氷川さん「大切なのは心だと思うので、歌の心をしっかり。ジャンルを超えて、ジャンルレスな感じで、これからも歌っていきたいという決意です。他人にどう思われるかじゃなくて、 “自分がどう生きたか”が人生ですから。 自分の人生を生きていきたい」

新曲「確信」のミュージックビデオは、初の“スマホ撮影”。

さらに、20周年を機に「インスタグラム」を開設。

2本の指を口元に当て、セクシーなまなざし...、あごの角度もきまっていた。

氷川さん「ファッションも大好きなので、メークも好きですし。ありのままの自分をインスタグラムで表現できたらいいな」

また、来週発売の「GQ JAPAN」では、 素肌に紫色の羽をまとったような “グラビア”にも挑戦している。

氷川さん「ジェンダーを超えた、自分らしさを特集してもらいたい夢があった。ラグジュアリーな感じがすごく写真に出た」

司会「使う言葉が違いますねぇ」

氷川さん「そうなんでございます。ラグジュアリーです」