トヨタ社員がパワハラ自殺 労災認定

カテゴリ:国内

トヨタ自動車の男性社員が2017年に自殺したのは、上司のパワハラを受け、適応障害を発症したのが原因として、豊田労働基準監督署が、労災認定していたことがわかった。

遺族側の代理人によると、男性社員は、トヨタに入社した2年目の2016年、上司から「こんな説明ができないなら死んだ方がいい」などと言われるなど、日常的にパワハラを受けたという。

その後、男性社員は適応障害を発症して休職し、部署を異動し、職場に復帰したが、同じ上司とすぐ近くの席になった。

男性社員は、2017年に社員寮で自殺し、豊田労基署は労災認定した。

トヨタは、「労基署の決定を真摯(しんし)に受け止め、社員の健康管理にいっそう努めていきたい」とコメントしている。

(東海テレビ)