沖縄・宮古島で「核燃料棒」発見 放射線の検出なし

カテゴリ:国内

18日夜、沖縄・宮古島市で、「核燃料棒」と表記された物体が見つかった。

連絡を受けた自衛隊が放射線量を測定したが、放射線は検出されなかったという。

18日午後9時ごろ、沖縄・宮古島市伊良部の国仲橋のたもと付近の岩場で、「『核燃料棒』と書かれた透明な容器がある」と、付近で釣りをしていた人から、警察に通報があった。

見つかったのは、長さおよそ20cmの容器に入った黒い物質で、容器の表面には、日本語で「核燃料棒ウランペレット」と表記されている。

県から派遣要請を受けた自衛隊が、現場で放射線量を測定したが、放射線は検出されなかった。

警察が容器を回収していて、処分を含めた対応については、今後、宮古島市と協議するとしている。

(沖縄テレビ)