習主席 デモ隊処罰「断固支持」 香港大学キャンパス“要塞”に

カテゴリ:ワールド

中国の習近平国家主席は、過激化する香港のデモ隊を念頭に「処罰することを断固支持する」と述べ、取り締まりを強める香港政府を支持する姿勢を強調した。

ブラジルを訪れている習主席は、14日、香港での抗議デモについて、「秩序の回復が、現在、最も切迫した任務だ」と述べた。

そのうえで、過激化するデモ隊を念頭に「暴力犯罪分子」と呼び、「法に基づき処罰することを断固支持する」として、香港政府や警察をあらためて支持する姿勢を見せた。

一方、激しい衝突の舞台となっている大学のキャンパスは、「要塞(ようさい)」と化している。

香港大学では、籠城戦に備えて水や食料が蓄えられ、マットレスを敷いた休憩スペースまでできている。

日本からの留学生には、14日、今学期の授業中止の連絡が入った。

留学生・広瀬凜さん(21)は、「授業までキャンセルになってしまうと、学びの場が奪われてしまい、遺憾」と述べた。

帰国する留学生仲間も増え、出口の見えない状況に不安をのぞかせていた。