ファン化で“おいしい”産直の新たなカタチ

カテゴリ:国内

働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

こだわりの生産者を、消費者が直接応援。

新しい産地直送の形とは。

信州の自然に恵まれた気候で、こだわり抜いた果物を作る“生産者”。

旬の時期に、いつもと違う食材を食べたい“消費者”。

この両者の新たなつながりとは。

長野・須坂市で果樹園「太田農園」を営む太田弘明さん(41)。

太田弘明さん「これは、ナガノパープルになります。黒ブドウで初めて皮ごと食べられて、種のない品種」

農業に従事して15年。

今、新たな形で売り上げを伸ばしているという。

太田さん「(1粒)500円玉ぐらいにはなってますよね」

もぎたてのブドウの配送準備を行う太田さん。

送り先は、「ukka」というサービスを利用した個人宅。

「ukka」は、消費者と農家をつなぐプラットホーム。

といっても、単なる販売サイトではない。

消費者が、生産者の年間会員、いわばオーナーとなり、生産者から直接商品を受け取れる。

「ukka」を利用し、太田農園の年間会員になった、ある家族。

「ukka」のユーザー「これすごくない?」、「いつも食べてる2倍か3倍ある」

会員になったきっかけの1つには、生産者である太田さんの“ストーリー”を知ったことだという。

「ukka」のユーザー「見てます。(太田さんの)手作り日誌。ブドウが最初こんなちっちゃいなんて知らなかった。生育過程など、なかなか触れる機会がなかったので、面白い。単純にスーパーで買ったブドウだと、『ブドウ』で終わってしまう。(ukkaは)生産者の思いが入ってる」

実は「ukka」に登録している生産者は、日々、食材の生育の様子、そして食材の持つ価値や背景をサイト上に公開。

こだわりを伝え、共感するファンをつくることで、生産者が継続的に安定した利益を得られるようになることが大きな目的。

太田さん「(これまで)『自分が作った』とわかって食べてもらえることはなかった。(ukkaでは)名前もわかってるし、今までのリピーターさんの気持ちもあるので、ぜひ、毎年いいものを作ろうと、そういう心意気は年々増している」

この新たな農業の形は、減少傾向にある農家に、歯止めをかける一手としても期待される。

「ukka」谷川佳社長「農家さんが持っている技術は、本当に貴重な日本の資源。(全体の売り上げの中で)3割4割、できれば半分くらい、直接販売をしてるという農家が出てくると、当然、経営的に利益率の高い経営ができる。ブランドをしっかり持って、それに憧れる農家さんが、また新しく入ってくる。それが地域に広がると、『地域全体で盛り上げていこう』、『農業っていいよね』とか、お客さん(ユーザー)も生産者も一緒になってやっていく世界が必要。そうしないと、日本の1次産業は沈没すると思っている」