横田めぐみさん 拉致から42年 母・早紀江さんが会見

カテゴリ:国内

横田めぐみさんが北朝鮮によって拉致されてから、15日で42年がたつのを前に、母の早紀江さんが記者会見に臨み、めぐみさんの一刻も早い帰国を訴えた。

横田早紀江さんは「本当に42年というのは、言うのも腹が立つほど長い年月。元気でいることをいつも訴えていますので、それしかありません。わたしたちにとっては、拉致されたということだけが問題。(政府に)求めていることは、早く取り返してください、その一言」と述べた。

また、早紀江さんは、現在のめぐみさんに思いを寄せて、「強く、優しく、明るい性格は失わないだろうと信じている」と述べた。

一方、早紀江さんは、体調を崩して療養中のめぐみさんの父・滋さんについても触れ、11月14日は87歳の誕生日で、「病室では、めぐみさんの写真を見ながら一生懸命頑張っている」と近況を明かした。