【コレ英語で言えますか?】「ツン」と「デレ」

カテゴリ:ワールド

コロコロ変わる態度、そのワケは…

ニコニコしていたら急に態度が変わって冷たくなる。マンガや恋愛ならばアリでも、政治の世界で、コロコロ態度が変わるのは大問題!ですね。

昨年、韓国大統領の「ツン」「デレ」政策に対しての記事がでました。

【記事】就任1年…韓国“反日”大統領の「ツン」と「デレ」その思惑とは?

「ツン」と「デレ」って英語でなんて言うの?

「ツン」と「デレ」

“Hot” and “Cold”

【解説】
ここでは、「ツン」「デレ」と言う表現にhot (暑い) cold (冷たい) を使用します。
ツンデレとは気分や態度に波があること。それに近い表現としてrun hot and cold (気がコロコロ変わる・波がある)があります。

温度を表す単語ですが、
My boyfriend has been cold to me lately. (最近、彼氏が冷たい)
のように、接し方の温度も表現することができます。

元ネタの政治に関する話題やビジネスなどで耳にする、「アメとムチ」は英語にもcarrots and sticks (人参と棒)と言う表現があります。馬の鼻先に好物の人参をぶら下げて、棒きれ=ムチで叩いて走らせる様子からきています。

ツンデレな彼女が好きな人には…

彼女のツンデレがすぎて、それがますます僕の興味をかきたてるんだ。

My girlfriend is very hot and cold with me and it kindles my interest in her more.
ちなみに、映画「猟奇的な彼女」の英語タイトルは”My Sassy Girl”です。
sassy(生意気な・厚かましい)は強気でかっこいいというポジティブな意味で使われます。

「ツン」と、「本気の拒絶」は似ているようで全く違うので、くれぐれもご注意を!

それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第15回 / 毎週土曜更新)

コレ英語で言えますか?すべての記事をみる

コレ英語で言えますかの他の記事