ヤフーとLINE 経営統合へ “ガリバー”誕生? 暮らしは

カテゴリ:ビジネス

さまざまなサービスを展開するIT大手「ヤフー」と、国内だけで8,000万人以上が利用する無料通信アプリの「LINE」。

わたしたちにとって身近なこの2つのサービスが、経営統合に向け、最終調整に入ったことがわかった。

もし、この統合が本当に実現したら、暮らしにどんな変化があるのだろうか。

商店街で熾烈(しれつ)なシェア争いを繰り広げ、乱立状態にある○○ペイ。

そんなペイの勢力図を一変させるかもしれないビッグニュースが飛び込んできた。

ヤフーを運営する「Zホールディングス」と無料通信アプリ「LINE」が、経営統合に向けて最終調整の段階にあるという。

孫正義会長率いるソフトバンクグループ傘下のヤフーといえば、9月12日にもファッション通販サイト大手ZOZOの買収という衝撃の発表をし、前澤友作前社長の電撃退任とともに世間をあっと言わせたばかり。

そして今回は、最も身近なコミュニケーションツールとして8,000万人ものユーザーを数えるLINEとの経営統合への動き。

街では「LINEとヤフーが1つにまとまっていたら使いやすい」などの声が聞かれたが、これが実現すれば、わたしたちの生活にどのような変化をもたらすことになるのだろうか。

統合が実現した場合の未来像について、IT業界の動向にくわしいクロサカタツヤさんに聞いた。

株式会社企 クロサカタツヤ代表取締役「ヤフーショッピングとLINEトークが一緒になることによって、楽しいネットショッピングが実現するのでは...」

ヤフーショッピングやヤフオク、LOHACO、ASKULなどのネットショッピング事業を展開するヤフーには、今後、ZOZOも加わる。そこにLINEが融合すると、例えば、友達とのやり取り中に話題になった洋服をそのままZOZOで購入できたり...

ZOZOのアプリとのトーク画面にほしいアイテム・色・サイズなどを打ち込むだけで、洋服が選べるようになる可能性もある。

さらに、現在はヤフー陣営がPayPay、LINEはLINE Payとそれぞれ別々のスマホ決済を展開しているが...

株式会社企 クロサカタツヤ代表取締役「無駄な競争はしないで2社で手を取り合い、1つの決済プラットフォームになると思う」

もしも双方のペイが統合すれば、熾烈なペイ戦争において、5,590万人(LINE Pay:3,690万人、PayPay:1,900万人)の圧倒的な登録者数を誇る一強状態となる。

これには、多くの○○ペイへの対応を迫られているお店側からも歓迎の声が聞かれた。

インドカレー「ナマステ」の店長「一緒がいいと思うね。別々より一緒の方がいい。お客さんも迷って、どっちを使うかっていうのはありますね」

一方で、街からは統合によるトラブルを不安視する声や、競争がなくなり、「今後、大規模なポイント還元キャンペーンがなくなってしまうのでは」などの不安の声も上がっているが...

株式会社企 クロサカタツヤ代表取締役「むしろ逆で、これまでの倍、キャンペーンを打つ。『本当はこっちの方がいいのに』というネガティブな意見が出やすいので、ユーザーに納得してもらおうと...」