爆弾低気圧で大荒れ 北海道中心に季節外れ寒さ

カテゴリ:国内

急速に発達した爆弾低気圧の影響で、今シーズン最強の寒波が到来。

北海道を中心に猛吹雪になるなど、大荒れの天気となっている。

令和初の冬将軍の襲来。

北海道の日本海側に位置する留萌市では、強風が吹き荒れていた。

非常に風が強く、前に歩くのも難しいほど。

海岸近くの駐車場では、非常に軽い粉雪が、路面に渦を巻いていた。

雪は、次第に強さを増し、小さくて軽かった粉雪の粒が大きく硬くなり、数分後には、地面を覆ってしまった。

真冬を思わせるこの寒さに、市民は「きょうはすごいですね。風は強いし、飛ばされそうです」と話した。

稚内市は、午後4時前に氷点下3.4度に。

そして、札幌市でも午後3時ごろに雪がちらつき始めた。

14日は、札幌ドームでアイドルグループ「嵐」のコンサートが開催されるとあって、全国各地からファンが。

嵐ファンは「(天候どうです?)最悪です。嵐に会うためには仕方ない」と話した。

北海道では15日にかけて、季節外れの大雪や猛吹雪となるおそれがある。

大荒れの天気は、本州の日本海側でも。

山形・酒田市では、最大瞬間風速30.2メートルを観測。

吹き荒れる強風に、傘を差すのもひと苦労。

また、石川・金沢市でも。

午前9時すぎの金沢駅前では、マイクを持つ手がかじかむほどの冷たく強い風が吹いていて、木々の枝が大きく揺れていた。

東京からの観光客は「全然寒いです。コートが必要です」と話した。

大荒れの天気をもたらしているのは、1日で急速に発達した、いわゆる“爆弾低気圧”。

北海道の北にある、発達した爆弾低気圧に向かって、風が吹き込む。

その風が列島付近に寒気をもたらし、その影響で、今後、北海道の日本海側で大雪となる可能性が出ている。

15日の午後6時までに降る雪の量は、多いところで、北海道で60cm、東北で20cmと予想されている。