「はやぶさ2」無事に戻っておいで! 地球に向け あす出発

カテゴリ:テクノロジー

世界初の偉業を達成した小惑星探査機「はやぶさ2」が13日、およそ2.4億km離れた小惑星「リュウグウ」から、地球への帰還を始める。

「はやぶさ2」は2019年、小惑星「リュウグウ」に2度の着陸に成功したほか、金属性の弾丸を発射し、人工クレーターを作成するなど、世界初となる数々の偉業を達成した。

「はやぶさ2」は、着陸成功後も惑星の観測などを続けていたが、13日に「リュウグウ」を出発し、地球に向けて帰還を始めることが明らかになった。

地球に帰還するのは、2020年の年末ごろの予定で、2度の着陸で採取に成功したとみられる惑星の表面や、地下の物質の分析を通じて、太陽系や生命の起源の解明に期待が集まる。