天皇陛下の即位祝う「祝賀式典」 皇居前広場に約3万人

カテゴリ:国内

皇居前広場で9日、天皇陛下の即位を祝う民間主催の祝賀式典が行われ、両陛下は、石橋の上で祝福を受けられた。

夕方、皇居前広場では、およそ3万人が参加し、祝賀式典が行われ、女優の芦田愛菜さんなど、各界の代表が祝辞を述べた。

両陛下は、皇居・正門の石橋の上に立ち、ピアニストの辻井伸行さんや、人気アイドルグループ「嵐」が披露したお祝いの曲に耳を傾けられ、皇后さまは涙ぐみ、拍手を送られた。

天皇陛下「さまざまな機会に、国民の皆さんと直接接し、皆さんの幸せを願う思いを、私たち2人で新たにしてきました。その中にあって、先月の台風19号をはじめ、最近の大雨などによる大きな被害に、深く心を痛めています。きょうは、寒い中にもかかわらず、このように大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただくことに、深く感謝いたします」

両陛下は、祝福の声にちょうちんを振って応え、何度も立ち止まって、手を振りながら、会場をあとにされた。

一方、東京スカイツリーでは、日本国旗をイメージした特別ライティングが行われた。

地上350メートルの「天望(てんぼう)デッキ」には、レーザーマッピングによるお祝いのメッセージが投影された。

また、東京タワーでも、お祝いの時に飾られる5色の幕のデザインを題材にしたライトアップが行われた。