ベルリンの壁 崩壊から30年 テープ10万本に込めた思い...

カテゴリ:ワールド

ベルリンの壁が崩壊してから、9日で30年。

世界の歴史が変わった日を記念し、街が鮮やかに染まった。

ベルリンの観光名所「ブランデンブルク門」にかけられた、色とりどりのテープ。

その数は10万本。

現地時間の9日に行われるセレモニーに向けて作られたもので、その1つ1つに、愛と平和を願うメッセージが記されている。

難民などの大量流入。

いまだ残る東西格差など、さまざまな問題を抱えるドイツ。

それでも、一度取り戻した自由を二度と失ってはならない。

そんな未来への思いが、ベルリンの空にはためいていた。