加害教師1人 不服申し立て 小学校教師間いじめ問題

カテゴリ:国内

兵庫・神戸市の小学校での教師間のいじめ問題で、給与差し止めなどの処分を受けた加害教師の1人が、不服を申し立てていることがわかった。

神戸市の東須磨小学校で、同僚の男性教師に悪質ないじめを繰り返した教師4人は、10月に改正された条例で、休職のうえ、給与を差し止められる処分を受けている。

この加害教師のうち1人が、処分を不服として、神戸市の人事委員会に対して、処分が適正だったか審査を求めていることがわかった。

加害教師は、「4人の行為は、回数や悪質性が異なるのに、一律で処分を受けるのは不服だ」としていて、弁護士は「条例が施行される前の行為に条例を適用するのは問題だ」などと主張している。

(関西テレビ)