容疑認め「どうせ死刑になる」 京アニ放火殺人 青葉容疑者を初聴取

カテゴリ:国内

「どうせ死刑になる」。

36人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件で、逮捕状が出ている男の初めてとなる事情聴取の内容が明らかになった。

2019年7月、36人が死亡し、33人が重軽傷を負った京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオでの放火殺人事件で、逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)。

事件直後には、「小説を盗まれた」などと話していたものの、自身も全身に重いやけどを負って、一時は重篤な状態となり、長い間会話ができなかった。

しかし、8日。

「どうせ死刑になる」。

介助を受けながら車いすに乗るリハビリを始めるなど、徐々に容体が回復していることから、京都府警が、病室で初めて任意の事情聴取をおよそ1時間にわたり実施。

青葉容疑者は取り乱すことなく、捜査員の質問に答え、容疑を認めたうえで、「どうせ死刑になる」などと話したという。

事件について語り始めた青葉容疑者。

京都府警は今後、医師が「留置に耐えられる」と判断すれば、逮捕する方針。

(関西テレビ)