香港デモで初の死者 デモ隊反発...道路封鎖

カテゴリ:ワールド

香港で続く抗議活動で8日、初めての死者が出たことを受け、市民は一層反発を強めている。

香港の大学生・周梓楽さん(22)は、抗議活動に参加していた11月4日、駐車場の建物内で転落して意識不明の重体となっていたが、8日、死亡した。

駐車場には、8日夜遅くまで多くの市民が集まり、花を手向け、周さんの死を悼んだ。

追悼に来た女性は、「1つの仲間、一緒に戦っていた仲間が亡くなった」と話した。

男子大学生が転落した現場近くで、デモ隊が道路の占拠、封鎖を始めた。

夜遅くなってからは、一部のデモ隊が周辺の道路を占拠し、火を放つなどした。

デモ隊側は、「周さんは警官隊の催涙弾から逃れようとして転落し、警察が救急車の到着を遅らせた」などと主張し、反発を強めている。