GSOMIA存続求め 米・国防長官 訪韓へ

カテゴリ:ワールド

日本と韓国が軍事機密を共有するための協定、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の失効が近づく中、アメリカ国防総省のトップが、枠組みの存続を求めて韓国を訪問することがわかった。

アメリカ国防総省は7日、エスパー国防長官が11月13日から韓国を訪問し、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相らと会談すると発表した。

国防総省報道官「(GSOMIAの問題が)解決されることを望んでいる。そうすれば、北朝鮮や中国など、地域の最大の脅威に集中できる」

韓国が破棄を表明したGSOMIAは、このままだと11月23日に失効する。

エスパー長官は、韓国側に直接、GSOMIAを維持するよう求める考え。