安倍首相の任命責任追及 参院予算委 集中審議

カテゴリ:国内

国会では8日、参議院予算委員会の集中審議が行われ、野党側は、菅原・河井両大臣が辞任した問題などをめぐって、安倍首相の任命責任を追及した。

立憲民主党・福山幹事長「安倍政権は不祥事が出るたびに行政を前に進める。行政を前に進めると延々と続くわけだが、誰も責任を取らないまま。総理が任命権者だ、これ全員」

安倍首相「私に課せられた使命とは何か。私に課せられた使命とは、まさに先の選挙で約束したことを、政策をしっかりと進めていくこと、それが私の責任であります。その責任を放棄するわけには、決していかない」

安倍首相は、閣僚2人が相次いで辞任したことについて、「責任を痛感している」と重ねて陳謝したうえで、「国民に対する約束を実行することで、責任を果たしていきたい」と述べた。

一方、政府の社会保障を検討する会議の議事録に、政府の方針に異論を唱えた中西経団連会長の発言の一部が掲載されなかったことについて、西村経済再生担当相は、「改ざんは行っていない」と強調した。

西村経済再生担当相「(中西経団連会長)本人の『慎重に検討』という意図をきちんと記載している。改ざんなどを行ったものではないと申し上げたい」

西村経済再生担当相は、「議事録は一言一句全て発言した通りに書くものではない」としたうえで、経団連側にも確認のうえ議事録を作成したと説明し、手続きに問題はないとの認識を示した。

議事録について中西会長は8日午後、首相官邸で記者団に「ちゃんと議事録に書いてある」と述べ、議事録には納得しているとの認識を示した。