消防署員 免停中に救急車運転

カテゴリ:国内

岩手・花巻市の消防士が、車の免許停止中にも救急車などを運転していたことがわかった。

花巻北消防署の下久根貴志消防士は2019年6月、東北自動車道を走行中に47km/hの速度超過をして、13日間の免許停止処分を受けていた。

しかし、職場に報告しないまま、免許停止期間である9月26日から10月8日まで、6回にわたり、救急出動で救急車を運転したほか、自家用車も運転していた。

職場での無事故無違反100日を目指す運動をきっかけに発覚したという。

花巻市の上田東一市長は、「市民の皆さまの信頼を大きく損ねるもので、誠に申し訳ない」とコメントしている。

(岩手めんこいテレビ)