“北”ミサイル示唆...監視に全力 「国連決議違反」

カテゴリ:国内

北朝鮮が、7日に談話で、日本上空を越える弾道ミサイルの発射を示唆したことについて、政府は、「1つ1つコメントすることは差し控える」としながらも、「ミサイル発射は国連安保理決議違反だ」として、警戒監視に全力を挙げる姿勢を強調している。

河野防衛相は、「北朝鮮の談話について、いちいち申し上げる必要もないと思うが、北朝鮮のこれまでの一連の弾道ミサイルの発射は、明確な国連安保理決議違反であり、国際社会に対する挑戦でもある」と述べた。

菅官房長官は、「必要な情報の収集、分析および警戒監視に全力を挙げ、わが国の平和と安全の確保に万全を期していきたい」と述べた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は、7日、日本の上空を越えるミサイルの発射を示唆する宋日昊(ソン・イルホ)大使の談話を伝えていた。