海洋プラごみ活用に企業本腰 洗剤容器から洋服まで

カテゴリ:ビジネス

問題となっている海洋プラスチックごみの再利用に、企業が本格的に動き始めた。

日用品大手のP&Gが、11月から販売する食器用洗剤。

中身や価格は、従来の商品と全く同じだが、注目はその容器。

原料の25%に海洋プラスチックごみを使っている。

通常のボトルと比べると、海洋プラスチックごみからできたボトルの方が、少し茶色がかっているが、押してみても、ほとんど固さに違いはない。

国内の日用品メーカーでは初めての試みだという、海洋プラスチックごみのリサイクル。

原料となるプラスチックごみは、全て国内の海岸で回収したもので、重さにしておよそ6トン。

細かく砕いて再生し、55万本の容器を生産した。

P&Gジャパン ゾン・シャオファンさん「やはり、このような深刻化している問題なので、1社の努力では、なかなか改善できない問題だと思いますので、業界の皆さんも含めて、あるいは日用品業界以外の方々にも一緒に取り組んでいただけたら」

深刻化するプラスチックごみによる海洋汚染。

環境省によると、全世界で毎年、海に流入するプラスチックごみは、およそ800万トン。

2050年には、ごみの重さが、海を泳ぐ魚の総重量を超えるとされている。

リサイクルのほか、ストローを紙製のものに変えるなど、プラスチックごみそのものを減らす取り組みも進む中、アパレル大手の三陽商会が2020年から国内で販売を始めるのは、一見、普通のアウター。

しかし、再利用したペットボトル100%からできている。

スペインのブランドが販売しているという、このアウター。

1着あたり、130本から150本の捨てられたペットボトルから作られていて、ほかにも、かばんや靴など、海洋ごみを原料とするさまざまな商品を展開している。

三陽商会執行役員・慎正宗氏「ヨーロッパでは、非常に消費者の意識が高まっていて」、「このニーズは今後、日本にも必ず来ると思っていて、消費者のニーズとか意識というのは、着実に変わってくると思う」

2020年7月には、プラスチック製のレジ袋の有料化が義務付けられる予定で、今後、さまざまな分野で対策が本格化するとみられる。