私設ファンクラブで年収1億円超 元宝塚トップスターの母親を国税が脱税で告発

  • ファンクラブ売り上げを無申告 年間1億円以上の収入
  • 優先してチケットを購入する際に「心づけ」
  • 代表の母親は「申告する認識がなかった」

私設ファンクラブの売り上げを全く申告せず

2015年に宝塚歌劇団・星組のトップスターとなり、退団後も舞台などで活躍中の女優・北翔海莉さん。
東京国税局から告発されたのは、北翔さんの母親で私設ファンクラブ「KAIRIスピリッツ」の吉野博子代表。

吉野代表は、私設ファンクラブの売り上げを全く申告せず、2016年の1年間で、およそ1億2100万円の所得を隠し、所得税およそ4900万円を脱税した疑いがもたれている。

オフィシャルサイトより

「心づけ」に100万円払うファンも

私設ファンクラブについて、宝塚ファンは「私設ファンクラブに入るとやっぱりチケットが取りやすいことと、ファンクラブでしか売ってないグッズが購入できたり、いろんなイベントに参加できる」とそのメリットを語る。

今回、1億円以上の所得隠しを告発された吉野代表。

FNNの取材では、会員は年会費に加えて、私設ファンクラブを通して公演のチケットを購入する際、通常のチケット代のほかに「お花代」といういわゆる「心づけ」を支払う

中には100万円の高額なお花代を払う熱心なファンもいたという。

さらに大きな収入源なのが「お茶会」とグッズ販売だ。

これは2015年11月、東京都内のホテルで開かれた北翔さんのお茶会の写真。

金屏風の前に北翔さんが座り、ファンはお茶やお菓子を口にしながら、北翔さんと直接触れ合うことができる。
また、一人一人にファンクラブ限定のグッズが配られる。

私設ファンクラブには、お茶会の参加費やグッズの売り上げなど、年間7000万円の収入が入っていたとみられている。

参加者に配られたオリジナルグッズ

「申告する認識がなかった」

今回の告発を受け19日午後、北翔さん自身が、公式サイトに以下のコメントを掲載。

「詳細を把握できておらず困惑しておりますが、私にできることがありましたら、誠心誠意対応して参る所存です」

吉野代表は「ファンクラブとして申告する認識がなかった」として、修正申告と納税をすでに済ませている。

(「プライムニュース イブニング」2月19日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事