純利益が半減 ソフトバンクグループ「赤字に」

カテゴリ:ビジネス

ソフトバンクグループが、営業赤字に転落。

ソフトバンクグループ・孫正義会長兼社長は、「今回の決算の発表内容、ボロボロでございます。真っ赤っかの大赤字でございまして、台風というか、大嵐という状況でございます」と述べた。

ソフトバンクグループが6日に公表した、2019年9月までの中間決算で、本業のもうけを示す営業損益はおよそ155億円の赤字となり、純利益は、前年同期から半減し、4,215億円だった。

投資先のアメリカのシェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営する会社の経営が悪化し、運営するファンドに巨額損失が出たことが要因だとしている。