即位パレード 29地点に観覧用ブース 手荷物検査場も設置

カテゴリ:国内

天皇陛下の即位にともなう祝賀パレードで、沿道の29地点に観覧用ブースが設置され、手荷物検査が行われることになった。

即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」は、11月10日午後3時から予定されていて、警視庁は「最高警備本部」を設置して、最大規模の警備態勢を敷く方針。

沿道の29地点には観覧用ブースが設置され、入るためには手荷物検査を受ける必要がある。

一方、コースに近い桜田門駅など4つの駅では、午前7時から一部の出入り口の利用が制限されるほか、周辺の高速道路では、午後1時半から交通規制が実施されるという。

11.10 祝賀御列の儀の他の記事