日韓首脳が10分間会話 立場の違い依然大きく

カテゴリ:ワールド

タイを訪問中の安倍首相は、関係が冷え込む韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、短時間言葉を交わした。

関係改善の道筋は、依然、見えていない。

日韓両首脳は、いすに座り、およそ10分間、言葉を交わした。

日本政府は、安倍首相が、元徴用工訴訟について、「わが国の原則的立場をしっかりと伝達した」とする一方、韓国大統領府は、対話による解決を再確認したと発表した。

韓国大統領府のコ・ミンジョン報道官は「韓日両国の懸案は、対話を通じて解決しなければならないという原則を再確認しました」と述べた。

日韓の立場の違いは大きく、状況改善の糸口は見えていない。

日本時間の4日夜に開かれた別の会合の冒頭で、両首脳は隣同士になったが、握手を交わしたあとは、顔を見合わせることはなかった。

その後、写真撮影で手を握ったあとも会話をしたり、目を合わせることはなく、会議の席に移動した。