ASEAN特別首脳会議 米国での開催を提案

カテゴリ:ワールド

ASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議を、3年連続で欠席しているアメリカのトランプ大統領は、代理出席の補佐官を通じ、アメリカでASEANの特別首脳会議を開くことを提案した。

アメリカ・オブライエン大統領補佐官「ASEANの首脳たちを、アメリカでの特別な首脳会議に招待したい」

4日に開かれたASEANとアメリカの首脳会議で、アメリカは、トランプ大統領の書簡を伝え、2020年1月から3月の間に、アメリカでASEANの特別首脳会議を開くことを提案した。

アメリカは、今回の一連の会議に、9月に就任したオブライエン大統領補佐官を派遣していて、4日のアメリカとの会議でASEAN側から首脳が出席したのは、議長国のタイなど、3カ国のみだった。

ASEAN関係者は「バランスの問題」と説明している。

トランプ大統領の提案は、「東南アジア軽視」との批判をかわす狙いがあるとみられる。