安倍首相 文大統領 会話 関係改善の糸口つかめず

カテゴリ:ワールド

ASEAN(東南アジア諸国連合)との会議に出席するため、タイを訪問中の安倍首相は、日本時間の4日、関係が冷え込む韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、およそ10分間言葉を交わした。

元徴用工訴訟では、国際法の原則を一切妥協しない安倍首相と、対話による解決を訴えながらも、日本が納得する解決策を提示しない文大統領。

双方の立場の違いが、かえって浮き彫りとなる形となった。

安倍首相と文大統領は、ASEANと日中韓による首脳会議に先立ち、控室でいすに座り、およそ10分間、言葉を交わした。

日本政府は、安倍首相が元徴用工訴訟問題について「わが国の原則的立場をしっかりと伝達した」としており、国際法違反の状況を韓国側が是正すべきだとの立場を、あらためて伝えたものとみられる。

韓国大統領府 コ・ミンジョン報道官「韓日両国の懸案は、対話を通じて解決しなければならないという原則を再確認しました」

韓国大統領府は、「対話による解決を再確認した」としているが、日韓の立場の違いは大きく、関係が冷え切った両国の関係改善の糸口は、いまだつかめないまま。