英語民間試験 野党が延期要求

カテゴリ:国内

萩生田文科相の「身の丈に合わせて」発言を受けて、2020年度から大学入試に導入される英語民間試験をめぐり、政府が対応を迫られている。

野党は30日の国会で、導入の延期を求め、萩生田文科相を追及した。

萩生田文科相は委員会の冒頭、自らの「身の丈」発言について、あらためて陳謝したが、野党が求める導入の延期には応じず、予定通り実施する考えを強調した。

国民民主党・城井崇議員「大臣、この際、英語民間試験の導入を延期決断していただきたい」

萩生田文科相「問題を1つ1つ解決しながら、受験生の不安や懸念を解消して、2020年度からの円滑な実施に向けて、全力で取り組ませていただきたい」

野党の共同会派と共産党は、導入を延期する法案を国会に提出して攻勢を強めているが、政府与党は導入延期には否定的。

一方、自民・公明両党の幹部が30日朝、都内で協議し、受験生の不安を払拭(ふっしょく)するよう、政府に申し入れることを確認した。

政府内では、「今回の発言で問題点が浮き彫りになった。この機会にもう1回議論し直せばいい」との声も出ており、今後の対応が注目される。