マダニの感染症で男性死亡 2019年の感染者200人超える

カテゴリ:国内

70代の男性が、マダニが媒介する感染症で亡くなった。

茨城県によると、土浦市の70代の男性が、10月21日、マダニにかまれることで感染する「日本紅斑熱」で死亡したという。

男性は10月16日に、発疹などの症状で病院に入院していた。

国立感染症研究所によると、感染者は、2019年すでに200人を超えているという。