3分でわかるキーワード ハロウィーン渋谷を守れ

カテゴリ:国内

ニュースのキーワードをコンパクトにひもとく、「3分ではてな」。

24日のテーマは、「酒類販売の自粛要請」。

もうすぐハロウィーン。

年を追うごとに盛り上がりを見せている。

しかし、神経をとがらせているところもある。

若者が集まる街、東京・渋谷区。

渋谷区の長谷部健区長は、新たな条例を制定した。

その中で、26日夕方から27日にかけて、そしてハロウィーン当日の31日から翌日(11月1日)早朝まで、酒類販売をする事業者に、渋谷駅周辺で販売自粛を要請した。

現在は、そのうちの14店舗が自粛に協力するという返事をもらっているという。

そもそもハロウィーンというのは、悪魔ばらいの儀式として、紀元前5世紀ごろにアイルランドで始まった。

そこからずっと時間を経て、1970年代に日本にやって来たといわれている。

東京・原宿でハロウィーンの関連商品が発売され、その後、東京ディズニーランドはもちろん、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや「カワサキハロウィン」などもかなり人が集まるということで、次第に定着していった。

どうしてハロウィーンが、ここまで大きく報じられたというと、その原因が「お酒」。

渋谷については、今の盛り上がりというのは、2012年ごろから始まったといわれている。

若者たちが、仮装して渋谷に集まるようになった。

背景には、SNSの普及もあったもよう。

年々盛り上がってきて、いまや、海外からも渋谷にやってくる人がいるという。

かわいく盛り上がるだけならいいが、マナーも問題になっているという。

警視庁は、4年ほど前から渋谷駅周辺に、いわゆる「DJポリス」を配置して、集まった人たちの誘導にあたっている。

2016年には、歩行者天国にする対策もとられた。

2018年も、瓶に入ったアルコール類の販売を自粛要請して警戒態勢を強めていたが、逮捕者も出た状況に。

逮捕された者たちは、「酒に酔って、勢いでやってしまった」ということを話している。

2018年よりも、より厳しく範囲を広げた形になり、さらに2019年からは、渋谷駅の西側のエリアでは、飲酒すること自体を禁止することも条例に盛り込まれている。

ただし、もし飲酒している人がいたとしても、区の職員が「お酒飲まないでください」と声をかける程度まで。

いわゆる罰則もないということで、このあたりは2018年に続いて、今回もここに集まってくる人たちの良心・節度に任せるということになってくるとみられる。

また、ハロウィーンの翌日というのも、ごみの問題がある。

この、ごみの問題というのも大変深刻になってきている。

1人ひとりマナーを守ったうえで楽しむ必要がある。