東京モーターショー 各社が注力「CASE」とは 自動車業界変革期

カテゴリ:テクノロジー

東京モーターショーが、24日に開幕する。

キーワードは「脱自動車」、その訳とは。

24日の開幕に先駆け、23日に報道陣に公開された、2年に一度行われる「東京モーターショー」。

「車離れ」にともない、集客数が伸び悩む中、転機を迎えていて、これまでの自動車ファンだけでなく、家族連れなども楽しめる内容に様変わりした。

トヨタが発表したのは、“空飛ぶ魔法のほうき”をイメージした乗り物。

また、子どもに人気のキッザニアが初出展し、レーシングドライバーなど、車に関わる仕事の職業体験を楽しむことができる。

“脱モーターショー”を目指し、“テーマパーク化”が進む中、番組が注目したのは、今、自動車業界で注目が集まっている「CASE」。

「CASE」とは、次世代の車の開発に向けた新たな技術やサービスを示す言葉。

「つながる」を意味する「connected」や「Autonomous(自動運転)」、「Shared(シェア)」、「Electric(電気自動車)」の4つの英語の頭文字を取った造語。

今回のモーターショーでは、この「CASE」を意識した展示が相次いで披露された。

「つながる」の分野では...。

ホンダが発表したのは、独自のAI(人工知能)技術が搭載され、店の情報や天気などを知らせてくれる機能。

この機能を搭載した電気自動車は、2020年、国内販売を予定している。

ホンダ・八郷隆弘社長「車が社会や日常生活とシームレスに(垣根がなく)つながる、未来のカーライフを一足先に体感できる車に仕上がっている」

「自動運転」の分野では、スズキが、リビングルームのようなコンセプトカーを発表。

車内には、ハンドルはもちろん、運転席もなく、くつろぎながら移動することができる。

「シェア」の分野に注目するのは、キャンピングカーなどのシェアリングサービスを展開する企業。

Carstay 岩本舜夫CSO「(車は)動く不動産としての価値が上げってくると思うので、車の活用として使っていけるようなサービスを拡大していきたい」

そして今回のモーターショーで、各自動車メーカーが最も力を入れているのが、「電気自動車」。

マツダは、量産型の電気自動車を世界初公開。

トヨタや日産も相次いで電気自動車のコンセプトカーを発表し、海外メーカーに比べて出遅れるこの分野の巻き返しを図る。

マツダ代表取締役 丸本明社長「2030年時点で生産する全ての車両に、電動化技術を搭載する」

「100年に一度の変革期」を迎え、自動車をめぐる環境が大きく変わる中、東京モーターショーは、存在感低下の歯止めをかけることはできるのか、注目される。