小泉環境相 災害ゴミ「撤去に協力」 茨城県知事が支援要請

カテゴリ:国内

台風19号の災害廃棄物の処理をめぐり、小泉環境相が茨城県の大井川知事と会談し、対策を急ぐ考えを強調した。

大井川茨城県知事「地元市町村の負担も(処理費用の)1割くらいあるので、手厚いご支援をいただきたい」

小泉環境相「まずは身近なところから撤去していくよう、しっかり取り組みますので、引き続き、コミュニケーションを取りながらやっていく」

台風19号の災害廃棄物は、数百万トンに及び、すべての処理を終えるまでに2年以上かかる見通しで、茨城県でも、仮置き場に大量の廃棄物が持ち込まれるなど、すでに市町村の処理能力を超えている。

小泉環境相は、関係省庁と連携して、撤去を早急に進める考えを強調した。