英議会 EU離脱案採決延期 超党派議員が動議提出で

カテゴリ:ワールド

イギリスのジョンソン首相は19日、EU(ヨーロッパ連合)からの離脱案について、議会で採決を行う構えだったが、超党派の議員がこれを阻止する動議を提出し、採決は延期された。

ジョンソン首相は、新たな離脱案を19日の議会で可決し、公約通り、10月末にEUから離脱することを目指していた。

しかし、超党派の議員から、確実に「合意なき離脱」を阻止するため、19日の採決は行わずに「承認を保留」し、関連する国内法の整備を優先する動議が提出された。

動議は賛成多数で可決され、離脱案の採決は延期された。

ジョンソン首相は、「議長、わたしの方針は変わらず、延期もしない。10月31日に離脱するため、できること全てを行っていく」と述べた。

ジョンソン首相は、期日延期には応じない姿勢で、いっそうの混乱を招いている。