東京五輪 マラソン等を札幌開催検討 都知事は不快感

カテゴリ:国内

東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地について、IOC(国際オリンピック委員会)が、東京ではなく、北海道・札幌市での開催を検討していることに、波紋が広がっている。

東京都の小池知事は、不快感を示している。

IOCは、東京オリンピックのマラソンと競歩について、暑さ対策の一環として、東京ではなく、札幌での開催を検討すると発表した。

IOCは、10月30日から、東京大会の組織委員会などを交えて、この変更案を協議するとしている。

これを受けて、小池知事は「唐突な形で発表された。このような進め方は、多くの課題を残す」と反発。

これまでも、暑さ対策を講じ、IOCなどと協議しながら、コースや開始時間を決めてきたとしたうえで、「突然の変更に驚きを感じる。十分な説明を求める」とコメントしている。

橋本五輪相「(マラソンと競歩の札幌開催が検討されているが?)また後ほど、正式にしっかりとお話ししたいと思います」

橋本オリンピック・パラリンピック担当相は17日午後、正式な見解を表明する考えを示した。