台風19号 鉄道・空に影響 新幹線など計画運休も

カテゴリ:国内

台風19号で、鉄道や空の便に大きな影響が出るとみられる。

JR東日本は、首都圏で計画運休を行う可能性があると発表した。

JR東日本は、今回の台風19号で、計画運休を行う可能性があると発表した。

計画運休は12日から13日にかけて、首都圏の在来線と新幹線で、大規模なものになるとみられている。

9月、台風15号が首都圏を直撃した際は、計画運休の影響により、多くの駅で人が滞留するなど混乱が起きていて、今回は、運転再開時刻を周知するかはわかっていない。

JR東海では、東海道新幹線で、12日と13日に運行本数を減らしたり、運休を行う予定。

各駅で大混雑が見込まれることから、週末の新幹線利用者に対して、予定の変更を検討するよう呼びかけている。

また、全日空では12日の羽田、成田発着の国内線全便、およそ370便の欠航を決定している。

日本航空も、12日の羽田、成田発着便を中心に、377便の欠航を決めた。

全日空、日本航空とも、国際便の一部についても欠航する。