予算委「憲法」で首相「時期は国会が決める」

カテゴリ:国内

安倍首相は、10日から始まった衆議院の予算委員会で、2020年を目標としている憲法改正の施行時期について、「スケジュール通りになるとは思っていない」と述べた。

国民民主党・玉木代表「2020年、憲法改正して施行しようというスケジュール感に変わりないか」

安倍首相「スケジュール感について、私の希望を言った。これはあくまでも希望で、真にするのは国会。私が言ったスケジュール通りになるとは、私も当然思っていない。それは国会が決めること」

安倍首相は、憲法改正の施行時期を2020年とする目標は「希望だ」としたうえで、時期は「国会が決める」との認識を示した。

また、玉木代表が、憲法9条の改正案を取り下げるよう求めたのに対し、安倍首相は、「9条を除外すれば、議論に応じるということなんですよね」と述べたうえで、憲法審査会での議論を呼びかけた。

一方、野党は、関西電力幹部の金品受領問題で、安倍首相の認識をただした。

馬淵澄夫議員「今回の疑惑(関電幹部の金品受領)、総理が今日まで進めてきた、原発政策の信頼性の根幹にかかわる問題であるとの認識はあるか」

安倍首相「今回の問題によって、関西電力が利用者の皆さんから不信を持たれているという事態は、重く受け止めなければならないと思う」

さらに安倍首相は、「独立した第三者の目を入れて、徹底的に全容を解明し、信頼回復に努めるべきだ」と述べた。