白昼の住宅街で発砲事件 2人死亡 暴力団幹部を逮捕

カテゴリ:国内

10日午後、兵庫・神戸市中央区で発砲事件があり、男性2人が死亡し、発砲した男が逮捕された。

10日午後2時40分ごろ、神戸市中央区花隈町で、暴力団関係者とみられる30代と40代の男性2人が撃たれ、死亡した。

警察は、発砲した山口組「弘道会」傘下の幹部・丸山俊夫容疑者(68)を、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

現場のすぐ近くには、神戸山口組「山健組」の事務所があり、10日は事務所で定例会が開かれていた。

神戸市では、2019年に入って暴力団による発砲事件などが相次いでいて、今回も一連の事件の報復との見方もあり、警察は警戒を強めている。

(関西テレビ)