【速報】補償は? 千葉 鉄柱倒壊現場 経営者が出席 住民説明会

カテゴリ:国内

9月9日、各地に猛威を振るった台風15号。

千葉・市原市では、ゴルフ練習場のネットを支える鉄柱が倒れ、住宅を直撃した。

それから1カ月、いまだ壊れた家の補償に関するめどは立っていない状態。

そして10日、台風19号が接近する中、開かれるのが、ゴルフ練習場経営者も参加しての住民説明会。

住民への説明会は午後5時から始まったが、何が話し合われたのか。

住民説明会は午後5時から時間通り始まり、50人以上の住民が参加している。

今回はゴルフ練習場の経営者が参加し、冒頭に、「多大なご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございません」と謝罪したうえで、鉄柱の撤去を急ぎたいと話した。

一方で、住民からは9日と8日の地震に触れたうえで、台風19号などによるさらなる被害への対策がなされていないことに対して、不安と不満の声が噴出している。

また、撤去にかかる補償について、撤去業者が賠償保険に加入し、ゴルフ練習場の経営者がその金額を負担する方針が出され、このあともくわしく住民との話し合いが続けられる。