【全録】“民間企業”で研究 選んだ理由 ノーベル化学賞・吉野彰さんに三田友梨佳キャスターが聞く

カテゴリ:テクノロジー

ノーベル化学賞を受賞した旭化成・名誉フェローの吉野彰さん(71)に、9日夜、「Live News α」の三田友梨佳キャスターがインタビューした。

インタビューでは、三田キャスターが吉野さんに「大学院を卒業されたあと、大学の研究室に残るという選択肢もあったかと思いますが、なぜ、あえて民間企業を選んだんでしょうか?」と問うと、吉野さんは「確かにおっしゃる通り、どこかの時点で2つの選択肢のどちらかを選ばなければいけないと思います。私の場合、同じ研究をやるにしても、その研究がうまくいったときに新しい製品が生まれて、それが世の中で広く使われるようになりますよと。それが大きく世界を変えることになりますよと。そういう点からして、企業の研究の方が、自分には向いているのではないかというふうに思いました」、「私が、きょうの受賞で一番申し上げたい点は、その点だと思います。産業界の研究者も、こういったノーベル賞という素晴らしい賞をいただけるということをアピールできたというのは、私自身にとって、うれしい点だと思っています」と答えた。