トランプ政権 VS 民主党 攻防激化 大統領「圧力」疑惑

カテゴリ:ワールド

アメリカのトランプ大統領が、大統領選の対立候補の不利な情報を得ようとウクライナ政府に圧力をかけたとされる疑惑で、野党・民主党とトランプ政権の攻防が激しさを増している。

トランプ政権は8日、大統領弾劾の調査の一環として、議会で予定されていたソンドランドEU(ヨーロッパ連合)代表部大使の証言を拒否した。

さらに、野党民主党への書簡で「弾劾調査は憲法上無効で、正当な手続きを逸脱している」と、調査に協力しないことを通告した。

これに対して、民主党のペロシ下院議長は9日午前、「書簡は民主主義への裏切りを隠蔽(いんぺい)しようとしている。大統領は法律を超越することはできない」という声明を出し、対立はいっそう激しくなっている。