関電臨時取締役会 会長辞任へ 松井市長「関わった人相応の責任を」

カテゴリ:ビジネス

関西電力の八木誠会長が、一連の金品受領問題を受けて辞任する意向を固め、臨時の取締役会が開かれている。

関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長など20人は、原子力発電所がある福井・高浜町の森山栄治元助役などから、およそ3億2,000万円の金品を受け取っていたことがわかっている。

この問題に関連して、関西電力は9日午前10時すぎから、臨時の取締役会を開いている。

取締役会では、国や筆頭株主の大阪市などからの厳しい批判の声を受けて、八木会長が辞任することや、今後設置される第3者委員会の人選などについて、議論されているとみられる。

筆頭株主の大阪市・松井一郎市長は、「会長1人の責任じゃないでしょ、これは。会社の体質なんで」、「それに関わった人たちが、相応の責任を取ることにならないと、関電の体質は変わりません」と述べた。

岩根社長も、年内にまとまる第3者委員会の調査報告を待って、辞任する方向で調整が進んでいる。

菅原経済産業相は、関西電力の八木会長が会長職を辞任する意向を固めたことが明らかになったことについて、「報道で辞任するという方向は認識しているが、まだ当の本人が何も発していない。事実として出てきたときに、またコメントしたい」と述べた。

また、菅原大臣は「第3者委員会の調査で、さまざまなことを徹底究明してもらう」として、「報告を受けて厳正に対処していく」考えを強調した。

(関西テレビ)