王さん「大別格な投手で大切な恩人」 金田正一さん死去

カテゴリ:芸能スポーツ

プロ野球で400勝を達成した金田正一さんが6日午前、急性胆管炎による敗血症のため亡くなった。

86歳だった。

王貞治さんが、追悼のコメントを発表している。

金田さんは、1950年に当時の国鉄に入団し、数々のタイトルを受賞。

1965年、巨人移籍後も勝利を重ね、1969年、前人未到の400勝を達成した。

「カネやん」の愛称でも親しまれ、引退後はロッテ監督のほか、テレビタレントや解説者としても活躍していた。

また、ソフトバンク・王貞治球団会長が7日午前、コメントを発表し、「巨人に入って初めて金田さんと対戦した時は、別格以上の、それこそ大別格な投手だと感じました。わたしにとって金田さんは、大切な恩人の一人です。謹んでご冥福をお祈りします」と大投手をしのんだ。

通夜・告別式は近親者のみで行われ、後日お別れの会が行われる予定。

(写真: 時事通信)