非核化めぐり 米朝実務協議 首脳会談決裂後初めて

カテゴリ:ワールド

北朝鮮の非核化をめぐる米朝実務協議が5日、スウェーデンで行われた。

協議は5日、首都・ストックホルム郊外で行われ、アメリカのビーガン北朝鮮担当特別代表と北朝鮮の金明吉(キム・ミョンギル)前駐ベトナム大使が出席した。

2019年2月の米朝首脳会談が決裂して以降、初めての実務協議で、途中、2人が談笑する姿も見られた。

協議の具体的な内容は明らかにされていないが、アメリカメディアは、北朝鮮の核施設の廃棄などを条件に、石炭などの輸出禁止措置を3年間留保する案を検討していると報じている。